体に効く牛肉の成分を紹介

①脳を活性化させ、うつを防ぐトリプトファン
必須アミノ酸のトリプトファンから作られるセロトニンが不足すると、神経伝達がうまく行かず、
感情にブレーキがかかりにくくなり、依存症やうつ病になりやすくなります。
牛肉の赤身を適量食べて、脳のセロトニンを増やしましょう

2012年 6月 21日掲載
Home » お肉のぷちバナシ » 体に効く牛肉の成分を紹介 (現在のページ)